Lorem ipsum dolor

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Read more

Everti Constituam

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Read more

Id Essent Cetero

Quodsi docendi sed id. Ea eam quod aliquam epicurei, qui tollit inimicus partiendo cu ei. Nisl consul expetendis at duo, mea ea ceteros constituam.

Read more

医師の転職理由

日本において医師は、全然足りないと言われています。

これは、医師に限らず、看護師にも言える事です。
したがって、医師の転職は超売り手市場と言えるのです。一般サラリーマンと違って高収入である医師の転職理由は、様々だと思います。それらについて、考えていきたいと思います。

世間から見れば羨ましいと思われる医師ですが、救急現場や外科で働く医師は、夜勤夜勤で家になかなか帰ることが出来ない医師達もいます。家に帰れないだけならよいのですが、体を壊してしまうケースもあるようです。

こういう方々は、一度退職して体や精神が完治した後、再び医師っとして働くようになります。厳密には、転職ではないですが、こういう転職理由もあります。次は、出産、育児です。女性医師は、出産するため一度仕事から離れる必要があります。出産後、元の職場にすぐに復帰する方も多いですが、中には、育児をしたいという方もいらっしゃります。そういう方々は、子供が大きくなってから、再び医師に戻ります。

後は、普通のサラリーマン同様、待遇アップや職場環境改善が理由の転職に思います。

薬を沢山だすお医者さんは信用していません。

個人的には薬を大量に出すお医者さんは信用していません。
やはり儲け主義を疑ってしまうからです。

今現在かかっているお医者さんはとても親切、良心的だと思っているのですが、
まず薬を出すときに「今こんな症状があるからこういう薬を出そうと思いますが
こっちは、こういう効能で高く、こっちは効能で安い、2つ飲んでもいいし、一つだけで
様子を見てもいいよ。」とかこちらに聞いてくれます。

その時点でビタミン剤は飲んだ方がいいがどうするか?なども聞いてくれるので
薬が大量に出されて薬代が驚くほどかかるということがありません。

私はしたことがありませんが、友人は薬に納得できない時には
薬を取りに行かないと言っていました。
処方箋を出してもらっても飲まないことが分かっているので
貰いに行かないと言うのです。

そんなことが出来るのかと驚き、確かにこんなに薬は飲まないなと思う事はあって
患者側でそれを選択できるとも思っていませんでしたが、そういう選択肢もあるのかと思いました。

それが正しいことか分かりませんけれども、必要ない薬はいらないというのは事実です。
飲みもしないのにお金がもったいないです。

自分に合った良い病院を見つけるのは、とても難しいなと思います。

現代医療の問題点

現代の医療といえば、世間から絶大な信頼があり、あたかも全ての病が治せるかのように考えている方が多いと思いますが、全くそんなことはありません。そればかりか、古き良き医療が捨てられ、データ一貫主義の診療になっている事が懸念されます。

今は内科などにかかると、以前のように聴診器で胸の音を聞いたり、顔色や目の動きや輝き、口臭など、実際に五感で感じとるという医療が行われていません。この風潮は特に若い医師に多く、中には患者の顔さえ見ないという医師も存在します。これは、症状だけを考慮し、データにより投薬だけをしている事により引き起こされています。病気というのは症状が他人と同じでも、個々その病の重さや体力の問題などで一概に同じとは限りません。なので、しっかりと患者の容体を五感で感じとる事が重要になるのですが、データによる投薬が通常になり、しかも医師の人数が減っているという事が更に問題の悪化に追い打ちをかけています。

こうした問題を解決するには、現代の医療制度を根本から考え直す必要があります。もちろん、データによる医療も重要ですが、患者一人一人をしっかり診て、しかるべき対応を取ることが求められます。そうする為には、医療の現場の歪を改善して、医師が希望をもって仕事に望める環境を作り上げることが急務になります。国、各医療団体、個人が一致団結してこの問題に取り組む必要があるのです。

4歳の姪が看護師を夢見る理由

弟の長女は4歳。この4月から幼稚園に通い始めます。彼女の将来の夢は「看護師さんになること」。それは彼女がひごろから看護師さんと係っているからです。姪は小児ぜんそくなのです。実際にぜんそくの発作がおきたところを見たことが私はありませんが、弟夫婦の話を聞くとそれは苦しそうで、「代わってやりたい」と切実に思うそうです。ところが本人に聞くと「たいしたことない」と答えます。こどもなりに親を心配させたくないと考えでいるのでしょうし、「見栄」のような感情があって、自分は病気ではないと主張したいのかもしれません。けなげでせつなく、ほんとうにかわいそうになります。

かかりつけは近所のクリニック。そこに通ううちに彼女に将来の夢ができました。それは「看護師さんになること」。女の子の夢としてはむかしから大定番の職業ですが、彼女にとってはただの憧れではなく、病気を治してくれるという実感のともなった、近しい夢なのです。

「お医者さんはなりたくないの?病気を治してくれるのはお医者さんなんだよ」と聞くと、彼女は「お医者さんはいや」と答えます。「どうして?」「だって、お医者さんの服はかわいくないから」。
彼女は看護師さんのピンク色の制服を、自分も着てみたいらしいのです。いかにも女の子らしいその理由に、思わず笑ってしまいました。どうか早くぜんそくが治って、その夢を叶える日がきますように。伯父さんとして心の底から願っています。

医療関連の資格があるとシングルマザーでも暮らしやすい

知人に、未就学児2人を抱えてシングルマザーをしている人がいます。彼女は住宅ローンも抱えていて、生活のプレッシャーはとても大きいのではないかと思います。それでも子供たちと立派な家で暮らしていけるのは、おそらく彼女が医療関連の資格を持っていて大きな病院に勤務しているからでしょう。

彼女はシングルマザーになる前から所有している資格を活かして病院で働いていました。病院勤務とはいえ夜勤とは無縁の場所での勤務なので、子供たちと過ごす時間もしっかり取れています。一人で子供たちの生活を支えるのは大変そうですが、仕事に困らない資格を持っていたことが幸いして母子家庭と言えど見た目にはとても穏やかです。

昨今の医療業界は全てにおいて人手不足です。その為何か一つ医療の専門資格を持っていると、職に溢れる危険性はかなり低下するようです。シングルマザーをしている知人も一度転職をしていますが、とてもスムーズに新しい仕事場を見つけることが出来ていました。もちろんこれまでの経験も功を奏していると思いますが、やはり医療系の資格は強いと感じます。

特に看護師のような資格は女性が一人で家族を支えていくのに充分な収入につながる資格だと思います。私も何か、医療系で生きていけるような専門資格を取得しておけば良かったと無謀にも考えてしまいます。